サイトメニュー

原因を探る方法

女性と看護師

心療内科を受診しよう

大人になってから急に聴覚過敏になってしまったという人は意外にも多くなっています。そのチェック方法はインターネット上にも専門的なサイトがあるので、活用してみるといいかもしれません。ほとんどの人が無自覚ですが、気になる人は小さな音でもかなり気にしてしまいます。そうすると日常生活に支障が出てしまうこともあるのです。大人になってから聴覚過敏になった人の多くはストレスが関係しています。それをチェックするのは難しいこともあるので、すぐに専門医にかかりましょう。ここで言う専門医というのは耳鼻科ではありません。聴覚過敏といったことで多くの人は耳鼻科にかかればいいとイメージすることでしょう。ところが、ストレスなどから来るこの症状は耳鼻科で治療ができません。この場合、心が関係しているため心療内科で治療を受けることになります。なぜこれほどまでに小さな音に敏感になってしまったのかというと、それは心に関係しているのです。ちょっとしたことでも気になってしまう神経過敏になっているからです。心のバランスが崩れたことによってこのような症状が現れてしまうので、心療内科でしっかり治療しましょう。治療がうまくいけば元通りになります。これまで気になっていた小さな音も気にならなくなるはずです。

聴覚過敏は大人に多くなっています。これまで全く気にならなかった音も気になるようになり、日常生活に支障をもたらすようになってくるのです。そのチェックの仕方は簡単です。どんな音に過敏になっているのか、ネット上の聴覚過敏チェック項目サイトなどを参考にしてチェックしていきましょう。例えば、今までは小学校や幼稚園の子どもたちの声が気にならなかった人が、急にうるさく感じてしまうことがあります。これは大人になってから感じる人が多く、やがて騒音のように感じてしまうこともあるのです。まさに聴覚過敏と言えるでしょう。本来、子どもたちの遊ぶ声は心地よいものです。それを聞いて元気になる人もいるものなのです。それを騒音と感じてしまうのは、明らかに心の問題が生じていると言えるでしょう。特にうつ病を発症している人はそんなふうに感じてしまうことがあります。家の前を車が通過した音でさえ騒音だと感じてしまうこともあるのです。こうなってくると家に居ることはできません。もちろん外へ出ることはもっと騒音に感じてしまいます。このような症状に悩まされている人は、すぐに心療内科で治療を受けましょう。心の病気を治すことで聴覚過敏も治ります。ご近所トラブルなどにならないようにするためにも、早急に受診することが大切です。

Copyright© 2019 ごく普通の生活を送る上で発生する音が気になる All Rights Reserved.