サイトメニュー

些細な音がうるさく感じる

耳を塞ぐ人

発達障害の可能性も

精神的な不調は聴覚の問題となって表れることがあります。耳は精神の影響を受けやすく、原因の分からない聴覚症状に悩む人はとても多いです。体が成長した大人でも例外ではなく、何かしらをきっかけに聴覚に異常が出るというケースも多々あります。症状の中の聴覚過敏は患っている人が多い病気の一つで、通常なら気に留めないような音でもうるさく感じます。人の声をうるさいと思う人もいて、職場でのコミュニケーションなどに問題を抱えることもあります。自分ではどうにもできなくてもネットなどで聴覚過敏のチェックが受けられるため、それを活用すれば症状の発覚につながることがあるでしょう。チェックは記入式のものが多いです。設問数の少ないものもあれば多いものもあり、回答時間はそれぞれで違います。大まかにでも自分の状態が分かればいいなら、設問の少ないものがおすすめです。ただ、聴覚過敏は別の症状の一部と言うこともある病気です。発達障害にもそれが表れることがあり、その判断のためのチェックもあるので、そちらも併せて受けるといいでしょう。聴覚過敏の自覚は、病院で診断を受けるためにも必要です。近年増えている「大人の発達障害」のサインになっていることもあるので、精神科にも相談するようにしましょう。

聴覚過敏のチェックは、その症状の特徴や音がうるさく感じるシーンなどが設問になっています。それを自分の様子と照らし合わせて確認するわけですが、中には遭遇した経験がない場面のことなど回答が難しい設問が出ることもあります。子供の場合、大人のものと設問が同じためにこういった設問が多くなりやすいです。その場合は、別のチェックも受けて二つ分以上の設問で判断するといいでしょう。この時に、聴覚過敏のみのチェックと発達障害のものを組み合わせると効率的になります。ネット上のものはセルフチェックが多いですが、病院では少しだけ差が出ます。大人の発達障害が絡んでいることもあるので、設問が多くなることが大半です。診断と並行することも多く、正確に診断するためにより詳細な説明が必要なこともあります。チェックでできることは症状の判断だけではありません。聴覚過敏による生活上の問題も分かるため、解決が必要な事柄の整理もできます。事柄をまとめて把握できることはとても便利で、不快感を避けるための行動の仕方が見えてきます。例えば、人の雑踏と踏切のアラートがうるさく感じることがまとめて分かれば、線路から遠い道を車で通勤するということも判断しやすくなるでしょう。情報が散らばっていると見落としてしまうことは結構あります。

Copyright© 2019 ごく普通の生活を送る上で発生する音が気になる All Rights Reserved.