サイトメニュー

ストレスと関連性がある

耳を澄ます人

自覚が難しい

耳鳴りなどの症状と違って聴覚過敏は周りから聞こえてくる音が大きく聞こえるようになり、日常生活に影響するくらい気になるもののことをいいます。このような症状は自覚のできる本人しかわからないことが多いので、周りに聞いても対処のしかたがわからないことも問題です。しかし、簡単なセルフチェックのやり方があるので原因を見つけて病院などの専門クリニックで診てもらうことが適切になります。音に対する調整ができなくなることで耳の症状が悪化していきますが、老人性難聴や騒音性難聴などもそれに含まれます。頭の中に音が響くようになってしまうと日常生活でも気になってしまい、何よりも良くないのは雑音がすべて大きく聞こえることでストレスが高くなってくることです。聴覚過敏は大人がなりやすいのでセルフチェックを理解してやってみることで、耳に関するいろいろなことがわかってきます。まずは周りの音を気にしないようにすることが難しいかどうかがあり、気になって仕方がない場合には過敏になっているといえます。その他にも騒音のある状況で本を読んだり集中できなかったりすることも、セルフチェック項目では聴覚過敏の疑いがあります。大人は疲れやストレスからくるといわれていますので、ストレスが解消したときには耳の調子が戻っているかもしれません。

聴覚過敏のセルフチェックをやってみる人は、なんだか耳の調子がおかしいと感じている人や仕事で集中したいのに騒音が異常に気になる人です。耳の調子がおかしいと感じる人は実は多くいるのですが、それは一過性なことがほとんどで、いつの間にか治っていることも少なくありません。また大人江は仕事をしているときに、周りの騒音が気になってしまい会議に集中できなかったという場合は、とても仕事に影響してしまいます。そのために聴覚過敏のセルフチェックをしてみて自分がどの程度当てはまっているかわかると、専門の病院へ行ってもわかりやすくなります。これらを日常的に上手に活用をするには、普段からチェックしてデータを取ってみたときに、必ず専門医に見せることが大事です。専門医のお医者さんはそのデータを元にどのような進行具合なのか、またストレスからくる一過性でたいした問題ないと判断するかの材料となります。大人がなることは大きなストレスも考えられますし、ストレスが高くなると精神的な症状まで発症することもあります。そうならないように気になるような症状になった場合は、ひとりで悩まずに必ず専門医にお願いしてカウンセリングをしてもらい診断をしてもらうことです。

Copyright© 2019 ごく普通の生活を送る上で発生する音が気になる All Rights Reserved.