サイトメニュー

まずは耳鼻科を受診する

耳を澄ます人

発達障害の可能性があります

大人になってからも、耳鳴りや聴覚過敏などで悩んでいる人が少なくありません。聴覚過敏は実際よりも大きな音に聞こえていたり、子供や女性の話し声が不快に感じたり、工事の音やテレビの音などが我慢できないと悩んでいる状態です。気になる症状が見られる場合は、耳鼻咽喉科を受診してチェックをしてもらう必要があります。診察や問診などを受けて、内耳などに異常がある場合は治療を行います。耳鼻咽喉科のクリニックでは、ステロイド剤やビタミンB12などを処方されることが多いです。耳鼻咽喉科で診察や問診などの、チェックを受けても、特に異常が発見されないこともあります。アスペルガー症候群などの、発達障害の場合でも、聴覚過敏が見られることがあります。気になる症状があり、日常生活で支障をきたしている場合は、精神科のクリニックや病院を受診することが大事です。アスペルガー症候群などの、発達障害は生まれつきの障害なので、現代の医学では完治をするのが難しい傾向があります。現代は優れた医薬品も開発されているので、病気が診断されると処方されることもあります。大人になってからも、聴覚過敏で悩んでいる人は、まずはカウンセリングや診察を受けることが大事です。

大人の聴覚過敏は、時計の秒針の音や、食器を洗う音などが気になる人も多いです。実際よりも音が大きく感じられて、強いストレスを受けている状態です。日常生活に支障が出てしまい、不眠やイライラなどの症状が見られることがあります。耳鼻咽喉科などを受診しても、耳に異常が見られない時は、薬は服用されないこともあります。耳に特に異常が見られない場合は、精神科や心療内科を受診することが大事です。大人の聴覚過敏は、本人には大変辛い症状なので、真剣に悩んでいる人がほとんどです。アスペルガー症候群などの発達障害は、味覚過敏や聴覚過敏、触覚過敏などが見られることがあります。日常生活では、他人とのコミュニケーションがうまくいかず、うつ病を併発することもあります。精神科や心療内科のクリニックでは、問診やカウンセリングでチェックが受けられます。精神科や心療内科のチェックを受けて、複数の項目が当てはまる場合は、発達障害が診断されることがあります。聴覚過敏の医薬品は少ないため、辛い症状を我慢している人が少なくありません。聴覚過敏で悩んでいる人は、騒がしい場所への外出を避けている人もあります。生きづらさで悩んでいる人は、精神科を受診しましょう。

Copyright© 2019 ごく普通の生活を送る上で発生する音が気になる All Rights Reserved.